ここでは個人事業主の仕訳に必要な勘定科目をどのようにしたらいいか、摘要から勘定科目を探せるようにしよう具体的な用途から紹介しています。

仕訳の基本

勘定科目は、法律でこういう場合はこの勘定科目を使いなさいと決まっているものではありません。なので、有資格者の税理士でも、個々の見解は変わります。

なので、一般的な具体例を参考に、自分でルールを決めた上で仕訳作業を行ってください。

勘定科目はわかりやすくシンプルに!

勘定科目は自分で作っても良いように決算書の経費を記載する欄に空欄があります。ただ、業界特有の勘定科目として一般的に使われている勘定科目でないと、第三者としてわかりずらいです。

勘定科目ごとの年間予算を決めて運営したり、前年度との違い、どこ問題があるのかなどを客観的な数字として比較する際に、第三者が判断しやすいよう勘定科目はなるべく新規で作らないようにし、補助科目を活用しわかりやすい帳簿付けをしてくださいね。

決算書に記載される勘定科目はなるべく一般的に使われている科目を使用し、具体的な使用目的は補助科目・摘要欄を活用して取引の内容がわかるように仕訳すると良いでしょう。

取引内容から勘定科目を探そう

以下は、取引内容から勘定科目を探し、仕訳けられるようにしています。

勘定科目から探したい方は、

勘定科目一覧表へ

青色申告会費

インターネット代

火災保険代

切手代

コピー代

作業着代

取材費

生活費

倉庫代

セキュリティソフト(ウイルス対策ソフト)代

車検代

書籍代

電話(固定・携帯)の通話代

ドメイン・サーバー代

ネット通販で商品が送られてこない場合の処理方法

振込手数料

預金利息