運送業などで車両を維持管理している場合、ガソリン代の勘定科目は『車両代』で仕分けると良いでしょう。

※注記:会計ソフトの場合、補助科目は自分で登録する必要があります。

 

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
借方補助科目 消費税額 貸方補助科目 消費税額
車両代 3,580 事業主貸 3,580
ガソリン代

ポイント

ガソリン税は事業者負担ですから、税金を含めての販売価格となっています。

レンタカーなど車両を維持管理していないのであれば、ガソリン代の勘定科目は『旅費交通費』でも問題ありません。