アルバイトやパートなどに対する給与や諸手当の支払いの勘定科目は、「雑給」で仕訳します。

アルバイト・パート給与の具体な仕訳例

事業主がアルバイト・パートに給与と交通費を、現金で支払ったケース。

借方勘定科目を”雑給”。借方補助科目に”現金”。適用のところに”アルバイト給与と具体的な記載をしておくと丁寧です。

※注記:会計ソフトの場合、補助科目は自分で登録する必要があります。

 

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
雑給 80,000 現金 80,000 アルバイト給与(山田花子)
旅費交通費 10,000 現金 10,000 アルバイト交通費(山田花子)

個人事業主が副業としてアルバイトした場合の具体な仕訳例

バイトの給与を現金で事業用財布に受け入れるなら、

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
現金 12,000 事業主借 12,000 アルバイト給与

 

バイトの給与が事業用預金Aに振り込まれるなら、

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
銀行A 12,000 事業主借 12,000 アルバイト給与

バイトの給与をそのまま家事費にしてしまうなら、
【仕訳無用】

もし源泉徴収されていたら、確定申告で個人事業の事業所得などと一緒にして還付請求してください。