クレジットカードのポイント、Tポイントや楽天ポイントなどのポイントは、とくに記帳する必要はありません。

ポイントを使って支払った

ポイントを引いて請求された額を記載してください。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 適用
消耗品費 258 事業主貸 258 文具代

ポイントを利用して、商品券と引き換えた場合の仕訳

すべてポイントを使用し、商品と引き換えた場合には記帳する必要はありません。

ただし、商品券など具体的な金額のわかるものと交換した場合は、以下のように仕訳しましょう。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 適用
他社商品券 1,000 雑収入 1,000 商品券

ポイント

  • 商品券を購入した時は消費税は非課税
  • 参考:国税庁HP
    https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shohi/6229.htm