サラリーマンからの独立、新規事業としてFC加盟を考えている個人事業主・法人で、フランチャイズ事業を検討されているかもしれないので、フランチャイズ募集サイトをまとめておきます。

フランチャイズとは

フランチャイズは、すでに確立されている知名度・ブランド・商品力など、ビジネスに必要なノウハウを受け取る代わりに、ロイヤリティを本部に支払うビジネスモデルです。

ミドルリスク・ミドルリターンで新規事業を始めたい方は、フランチャイズ本部とのWIN-WINの関係を構築できるでしょう。

フランチャイズ起業のメリット

・すでにあるブランド力・知名度を活用できる。
・とても得られない・会得には大変な時間がかかるような特殊なノウハウを活用できる。
・店舗開発・仕入れなど、有利な条件で開業できる。
・店をオープンにこぎつけるまでの時間を短縮できる。
・事業の試行錯誤の無駄を省ける
・フランチャイズで学んだノウハウを、他の業態開発に活かせる。

フランチャイズ起業のデメリット

・ゼロから試行錯誤しないので、起業の地力はつきにくい。
・自分で合見積や発注をしないので、店舗を出す時に必要な設備、店内造作などの相場感覚は身につかない。
・フランチャイズ本部が定めたマニュアルの通りに運営を行うため、雇われオーナー的な感じになる。
・ゼロ起業ではないので、フランチャイズ・ロイヤリティー代などの毎月の固定費が発生する。

儲かるフランチャイズ本部の選び方

フランチャイズを選ぶにあたり重要なのは、

・認知度向上のためTVCMを積極的に打つなどの広告宣伝投資を力を入れている。
・商品開発投資をどれだけ積極的にしている。

かの2点です。

評判の悪いフランチャイズは、SNSで拡散される時代ですが、いまだに肝心の集客力・商品力に力を入れていないフランチャイズ本部もあります。

特に、収支シミュレーションは疑った目で検証されることをおすすめします。

フランチャイズ本部が示す収支シミュレーションは、あくまでも理想的なものです。初年度からなぜそんなに集客できるのか、そして売上が立つのかの根拠を徹底的に検証してください。

結局は、事業主として自分で何とかしなければならないのが通常ですから、フランチャイズ加入前に必ず本部に集客力・商品力があるのかどうか確信が得られるまで調べてくださいね。

フランチャイズ起業資金が不足している方へ

だいたい次のフランチャイズ更新契約時期に、初期投資回収が終わる設定となっています。

比較的初期投資がそれほど高くない事業でも、店舗を構えるフランチャイズ事業であれば、600万円ぐらいは初期投資が必要です。失敗したときのダメージが大きく、再起が難しくならないように、融資を受けてくださいね。

個人事業主向け融資で資金調達したい方へ

フランチャイズ募集情報サイトまとめ

以下に、フランチャイズ募集情報サイトを紹介しますが、サイト内の情報だけではなく、さまざまな角度からフランチャイズ本部を検証することを忘れないでください。

フランチャイズ比較ネット

日本最大級のFC募集情報サイトで、フランチャイズ募集先の紹介だけでなく、フランチャイズで開業するまでに必要なノウハウも多数紹介しています。

https://www.fc-hikaku.net/

アントレ

リクルートが発行している雑誌アントレのWEB版です。

https://entrenet.jp/

みんコレ!

起業・独立・開業の方法や成功への支援情報、説明会・セミナー情報などを掲載。

https://fc.mincore.jp/

BMフランチャイズ

全国の商工会議所が運営するビジネスマッチングサイト 「ザ・ビジネスモール」の姉妹サイトです。

商工会会員企業が運営する、成長力の高いフランチャイズ本部を探すことができます。

https://bmfc.b-mall.ne.jp/

フランチャイズサポート

フランチャイズWEBリポート

フランチャイズの窓口

日本最大級フランチャイズショー

日本経済新聞社主催のイベントで、日本で最大規模のフランチャイズ・イベントです。

フランチャイズ募集に力を入れている企業が出展されています。毎年3月上旬に東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催されています。儲かりやすい流行り初めのフランチャイズ事業もわかるので、交通費はかかりますが足を運んでみると良いでしょう。

https://messe.nikkei.co.jp/fc/