やよいの青色申告オンラインを実際に使用してみてのレビューをまとめています。

やよいの青色申告オンラインの良いところ

パソコンを買い替えても、パソコンが壊れてもデータは消えず、どこでも操作できる

オンライン版会計ソフト、一番のメリットです。

ID&パスワードさえわかっていれば、記帳できます。

パソコンが苦手な方は、パソコンを買い替えたときのデータ移行も負担になりますが、そのような作業はなくなります。

やよいの青色申告オンラインは、Macで使える

Web系のクリエイターはMacを愛用されている方は多いですが、やよいの青色申告オンラインなら、パソコン環境は関係ありません。

windowsだけでなく、Macでも使えます。

クラウド会計ソフトなので、毎年のバージョンアップも無料&手間なし

インストール版を使用している方は、毎年の税制・法令改正に対応させるため、『あんしん保守サポート』に入っているはずです。

しかし、自分でバージョンアップ更新をしなくてはなりません。

クラウド版は、法令改正によるバージョンアップも無料で、アップデート作業も必要ありません。

メジャーな会計ソフトなので、青色申告会や税理士に相談しやすい

弥生はメジャーで実績のある会計ソフトなので、青色申告会や税理士の方も昔からなじみがあります。

青色申告会や税理士にも、相談しやすいです。

弥生の操作性はすべて似ている

やよいの青色申告オンラインは、弥生会計などのソフトとUI(ユーザーインターフェース)が似ているので、操作性は変わりません。

セルフプランなら、初年度は無料で使える

初年度に限り、セルフプランなら無料で使えます。ただ、セルフプランは完全にサポート無しです。



やよいの青色申告オンラインの悪いところ

動作が重い

インストール版は『パソコン性能』だけですが、クラウド版はサーバーとのやり取りもあるため『インターネット通信速度』の影響も受けるため、さくさく動作しません。

操作性が鈍いと感じるかもしれません。

自動取込・自動仕訳は100%ではない

銀行明細、クレジットカードなどの取引データを自動取込、自動仕訳は完璧ではありません。

当然、抜けなどもあります。

銀行・クレジットカード会社は、セキュリティーの問題から、外部からのアクセスを嫌がるので、自動同期が上手くいかないこともあるからです。

必ず、チェックや修正は必要です。

インストール版とオンライン版のデータ互換性は完全ではない

『期首残高』と『取引データ』は、相互にエクスポート⇔インポートできるようになっています。

ただ、パッケージ版とクラウド版のデータの互換性は完全ではなく、すべてを完全に開けるわけではないようです。制約があることは知っておいてください。

青色申告会や税理士さんと記帳相談している方は、気を付けてください。特に、PC持ち込みではなく、データをUSBなどで渡している人は配慮が必要です。

オンライン版では、確定申告書Bの第三表と第四表を作ることができない

2018年11月現在クラウド版では、確定申告書Bの第三表と第四表を作ることができません。

必要であれば、別途作成する必要があります。

  • 第三表:不動産や株式を売却した際の申告書で、株式の損失を翌年に繰り越す時にも使う申告書。
  • 第四表:事業の赤字を翌年に繰り越す時に使う申告書。

株式取引を特定口座で管理し、そこで源泉徴収されている場合、第三表は必要ありませんが、第三表と第四表を作ることができないことは知っておきましょう。

やよいの青色申告オンラインは、初年度無償キャンペーン実施中!