個人事業主の方がクレジットカードを取得する際には、まずは審査に合格することを第一に考えることが重要です。一般的なサラリーマンとは違って、定職についていないので審査が厳しいクレジットカードは利用できないこともあります。そのため、個人事業主専用のクレジットカードを利用することをおすすめします。これらのメリットは、経費の使いみちを可視化することで、経営の際に発生する無駄を把握しやすくなります。

この仕組みは確定申告時にも便利で、確定申告時には、カードの明細表をそのままコピーして提出するだけで経費として認められることもあるのです。専用のカードを作っておけば、プライベートで利用するカードを使わなくても済むので、経費の計算もとても楽になります。他にも、カードに付与されるポイントの倍率が高くなっているので、通常のカードよりも節約することが可能です。経費の節約を徹底するには、個人事業主専用のカードを作っておけば良いでしょう。

ただし、デメリットも存在しており、一般のカードよりも年会費が高くなっていることが多いです。

特に、一般のカードでは年会費が少額であったり、一定額だけ利用すれば無料で継続利用できるようになっているものがあるなど、ほとんど無料でカードを利用することができます。一方で個人事業主向けに作られたカードの場合は、確定申告時用のデータが提供されたり、ポイントの倍率が高い分だけ年会費にお金がかかってしまうことがあるのです。

更に、リボ払いを使用することができないので、急な出費が想定される方は採用しないようにしたほうが良いでしょう。リボ払いは、デメリットが多いと考えられがちですが、カードを使用して巨額の投資をしなければならない状況であれば、毎月の支出を予め計算しておくだけで支払いを効率的に済ませることができます。

自営業の方がクレジットカードを持つ際には、まずは自分の行っている仕事とサービスに注目することが重要です。

例えば、出張が多い方の場合は、飛行機の利用が割引されるなどのサービスが充実しているものが良いでしょう。

特に、カードで貯まったポイントをそのまま割引して使用するのではなく、航空券の割引に利用することができれば、急な出張であっても安く済ませることができるでしょう。審査についても注意が必要です。最近では個人向けのカードで簡単な審査ですぐに発行できるものが増えてきていますが、個人事業主にはまだまだ厳しい審査が課せられていることが多いです。

事前に登録する前に一年間の利益や自営業の規模、開業してからの年数などを予め控えておくことでカードを選んでいきましょう。

ポイントの還元率や年会費が抑えられているものも重要です。

とりわけ年会費は数千円から数万円単位で毎年の負担になってしまいます。それだけの年会費をポイントで稼ぐことができるのであれば、お得に利用できますが、そうでないのであれば個人向けのカードを利用したほうが良いでしょう。個人向けのカードであっても、プライベート用と仕事用とで使い分けることで確定申告時の計算も楽になります。

ポイントの還元率も高く、年会費もほとんどかからないこともあるので、年会費が負担になるのであれば、個人向けのものも視野に入れて考えていきましょう。

自営業の方におすすめのクレジットカード

アメリカンエキスプレスカード

主な個人事業主向けのカードとしては、アメリカンエキスプレスカードが良いでしょう。特にゴールドカードは年会費が毎年30000円かかりますが、初年度は無料なので、試しに利用してみたい方におすすめです。ポイントの還元率は1パーセントと低めではありますが、審査が比較的優しくなっているメリットがあります。設立されたばかりの会社であっても、経営者の個人の信用が重視されているので、過去に消費者金融などの借り入れでトラブルを起こしていなければ簡単に合格して発行できます。年会費が高いと感じるのであれば、12000円程度で利用できるビジネスカードを利用しましょう。ただし、こちらはゴールドカードよりも条件が厳しく、入会後のポイントもゴールドカードに比べれば貯めにくいという問題点もあります。

SBS Executive Business Card

SBS Executive Business Card支払いをカードに一本化することで、出張接待費、広告費など、多岐に渡る支払い先への振込手数料の削減が可能!

オリコカード

年会費の安さとポイントの還元率を重視するのであれば、オリコカードが良いでしょう。オリコカードは最低でも0.6パーセントとVISAカードよりも還元率が高いです。更に、オリコカードは海外旅行の保険までついているので、頻繁に出張で海外に渡航しなければならない方におすすめできます。