元入金(もといれきん)とは、個人事業主特有の事業資金に対する勘定科目です。

個人事業を始める時、白色申告から青色申告へ変更する時にしか使わない勘定科目です。

個人事業を開始する場合

資産・負債を計上して、その差額を「元入金」とする。

白色申告から青色申告へ変更する場合

資産・負債を計上して、その差額を「元入金」とする。

元入金と事業主借の使い分け

事業を開始してから、プライベート口座から事業用口座への資金を補充した場合は「事業主借」を使用します。